人気ブログランキング |

てつびん通信

tetsubin6.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 26日

■【鉄びん通信9】 09.9月号 (9/4)~秋の「実り」に向かって・・・。

■【鉄びん通信9】 09.9月号 (9/4)~秋の「実り」に向かって・・・。_c0209555_1930229.jpgみなはん、元気でっか~!
民主党が天下とりましたな~。これからやね~。
インフルエンザもこれからが本番でんな~。
私の周辺の演劇状況も、秋を迎えて実りの季節や。これからやで~。

■■【現役】

8/30夏休み公演。例によって暑い中、無事終了。たくさんのOBも駆けつけてくれました。
尚美の演劇専攻生や、草加東演劇部の人達も、遠くから参加。感謝、感謝。
▼小池先生の新作「肌色メタル」~小池色タップリで、練習日数が少ない割には、装置を含めて完成度バッチリ。地区は問題なく通過しそう。
地区大会はいつものサクラメイト。上演時間はトリで16:20~17:20。みなさん、是非見に行ってやって下さい。
▼別役実/作「帽子屋さんのお茶の会」~30分短縮バージョンだったけど、1年中心にしては充分見せられる芝居になっていた。衣装もよかった。可能性が一杯だったよ。
文化祭はきっともっといい芝居になっている、ってか、そうなってほしい期待、充分。

■■【天末線】【劇団400】

前回報告の「短編戯曲」はかなり魅力的で、それで決まりそうになったんだけど、現役の30回自主公演に天末線30回公演を重ねて合同でやるとなると、興行的にはアピールがイマイチという意見もあり、「短編戯曲」は天末線単独公演や劇団400用に使うとして、自主用にはやはり1時間ものをみつけようという流れになってきた。もしかしたら昔懐かしい台本になるかも・・・・。
13日にMiをします。方針が決まったら報告します。
したがって劇団400ももう少しウエイトです。

■■【OB-old】■【鉄びん通信9】 09.9月号 (9/4)~秋の「実り」に向かって・・・。_c0209555_19334415.jpg

若林以前のOBの方達が、今、なんと「SPOT No.O」を編集中です。OB-youngの私たちにとって、秩父農工演劇部のルーツは、長い間謎だらけでした。これがいまSPOT -O号として私たちの前に現れるのももうすぐです。
本の装丁はもちろん「真っ黒」。ははは、もう勝手に決めています。写真もタップリです。楽しみにしていて下さい。

■■【劇団SHOW】

A,B2チームの「小さな家と5人の紳士」は、2つともすでに通しが完成です。9/6よりいよいよ本格的な若林の直しが始まります。大学生がどんだけ伸びるか楽しみです。

■■【劇団トラアナ】(演劇部顧問15名で結成)
8/10,11に埼玉高校演劇部顧問の合宿研究会(講師・若林)が秩父農工で実施。そこをあえてトラアナNo10とさせてもらい、トラアナ参加者の本番もやらせてもらいました。
教員芝居としてはなかなかの出来でした。
昔、農工の演劇部の顧問をしていた理科の田中実先生も舞台を踏みました。
これで一応トラアナ前期が終わり、中央大会後の11月末から本格的にトラアナ後期が開始です。先生方の伸びも期待できそうです。
前期と後期の間の3ヶ月は「家庭訪問」と称して、私が各顧問の学校に行き実地演出指導をやる予定です。
ちなみに昨日は正智深谷高校、明後日は伊勢崎の清明高校、その翌日は前橋南高校を「家庭訪問」します。


■■【若林医院】■【鉄びん通信9】 09.9月号 (9/4)~秋の「実り」に向かって・・・。_c0209555_19342365.jpg

すでに知ってる人は知ってるんですが、「演劇専門医・若林医院」というのを1年前から始めました。特に高校演劇への恩返しという意味合いで、治療費タダで、希望を募って顧問や生徒のレベルアップのために、あちこち回っています。もちろん冗談半分本気全部です。
ですから上記の「4つの劇団」と「尚美の授業」以外の私の活動はすべてこの若林医院の活動と考えています。
例えば「家庭訪問」もその一つだし、「各種講演」や「ワークショップ」や「各大会の審査員」の仕事も若林医院のワークです。(ハハハ、俺の勝手や!)

■■【鉄びんホームページ】

私の娘のその道のプロの友達が「おじさんだったらただでやってやるよ」などとありがたくも言ってくれたので、ノってみました。
もうすぐUPします。上記のすべてがこのHPに入っています。写真もタップリです。この【鉄びん通信】も入っています。UPしたら連絡します。う~ん、どんなもんになるのか、まあ見てやって下せ~まし。

■【鉄びん通信9】 09.9月号 (9/4)~秋の「実り」に向かって・・・。_c0209555_19352370.jpg
■■【近況】

8月始め、全国大会(三重)の審査員をしてきました。
いやあ~、面白かった。「さすらい狂想曲」の作者、石山浩一郎さんや、俳優の三林京子(NHK連続テレビ小説の「だんだん」のおばあちゃん役)とも親しくお話をしました。
昔々全国目指して頑張っていた私が、全国の審査をやるなんて、不思議な感覚でおます。
11月には徳島に審査員で行ってきます。だいっ嫌いな飛行機で・・・・。
いやあ、自分で言うのも何なんだけど、こんな忙しい定年退職者はいないと思う。(おかげで8月号は出せずじまい、ゴメン)
でも仕事はすべて芝居関係。こんな幸せはないと思う。感謝、感謝。
実りの秋に向かって、少しだけガマンの時期でやんす・・・・。
みなさんくれぐれもお元気で。
お仕事頑張って下さい。

by tetsubin6 | 2009-09-26 19:36
2009年 09月 26日

■【鉄びん通信8】 09.7月号 (7/27)~今後の展開について

■【鉄びん通信8】 09.7月号 (7/27)~今後の展開について_c0209555_19222449.jpg選挙でんな~。なんか天気も変な感じで落ち着きのないこの世でっせ。皆さん元気すかあ~。
5/30,31の公演。4劇団が入り交じっての、「コラボ、セッション、乗り打ち、大コント大会」が様々な可能性を残して終わりました。
その後、メチャクチャ忙しい毎日でした。おまけに明後日から全国大会(7/31~8/2三重の四日市)に行ってきます。あ、何を隠そう私は審査員です。大昔「さすらい狂想曲」とか「魔女鎮魂」とかやったOBは知ってるかな?その作者の「石山浩一郎」という人と一緒です。なんか感慨深いものがありますよ、ほんと。
現役の連中も25名程度、全国に来てくれます。おみやげ買ってくるよ、450個。(何を?)
ってなわけで、その後の展開を手短に報告します。

■■【現役】

▼小池先生の新作「肌色メタル」完成。練習に入りました。う~ん、期待できそう。
▼自主の芝居は、なんと、別役さんのあの「帽子屋さんのお茶の会」。う~ん、懐かしい。よだれが出そう。
とりあえず8/30が夏公演。見に来てチョ。
▼あ、そうそう最近新入部員、しかも男子が3人も入部。う~ん、いい知らせだ。

■■【天末線】■【鉄びん通信8】 09.7月号 (7/27)~今後の展開について_c0209555_19235326.jpg

▼2回ほどのMiを若林豪邸でやった結果、季刊「せりふの時代」VOL52で掲載の「短編戯曲の饗宴」(現役作家23人)から、いくつか選んでオムニバスでやろう、と言うことになった。いま千葉先輩を中心に何人かで選考に入っている。次回8/9のMiで発表になるかも。(あ、ついでなので天末線メンバーに連絡です。このMiは、あるネライがあって、農工でやることになりやした。2時からだったら合宿室が使えるらしいので、2時集合に変更しやす。だめでも視聴覚室は使えるとのこと。ただし時間厳守で。)
▼また、次回の現役自主と天末線公演は偶然にも同じ30回記念公演となる。なので前回に続いて合同になりそう。せっかく現役とOBとの関係が深まったところなので、さらにコミュニケーションにもう一山ほしいところ。タイムリーか?
▼しかし天末線としてはなるべく「現役に迷惑をかけずに、現役にいい影響を」をコンセプトにしているので、天末線独自の公演も射程距離に入れて活動したいし、また前公演、可能性バチバチで終わった劇団400のエネルギーを落としたくないので、それも考慮に入れて、今回のプロの短編戯曲(上演時間15~20分程度)選定と相成った次第でござる。

■■【劇団400】■【鉄びん通信8】 09.7月号 (7/27)~今後の展開について_c0209555_19244447.jpg

こうなると劇団400と天末線との境目がよく分からなくなってきそう。でもそんな心配はいらない。もともとコンセプトは同じなんだから。
「前回のメンバー」、「ならやってみようかという新メンバー」、もう少しお待ちあれい、鉄アレイ。
マネジメント若林の連絡を待っててチョ。

■■【劇団SHOW】

コントから一度離れて、一人一人の台詞の力をじっくりとつけたいので、いよいよ懐かしい「小さな家と5人の紳士」の練習をA,B2チームにわかれて、開始した。
すでに7/21にA,Bともに1本通しをやり遂げた。8月少し夏休みして、主に9月本格的な「鍛え」に突入する予定。
劇団の練習場もできる見通しが出てきた。■【鉄びん通信8】 09.7月号 (7/27)~今後の展開について_c0209555_19252731.jpg

■■【劇団トラアナ】

埼玉の高校演劇部の顧問のレベルアップのために4月に立ち上げたもの。土曜日尚美で練習している。8/10,11、なぜか農工で本番。
懐かしい先生もいるかも。見たい人は私までご一報を・・・・。

■■【鉄びん近況】
■【鉄びん通信8】 09.7月号 (7/27)~今後の展開について_c0209555_19265099.jpgもうすぐ私のホームページが出来上がる。上記のすべてが入ってる。もう少し待ってチョ。

ってな訳で脳が干上がるほど忙しい毎日です。
いろいろ報告したいこと山ほどあるのですが、今回はこれにて。
みんな、体を大切に、日々の労働と生活頑張って下さい。
ほんでは、四日市、行ってきま~スィ。

by tetsubin6 | 2009-09-26 19:27
2009年 09月 26日

■【鉄びん通信7】 09.6月号 (6/26)~5/31公演「お~ぷん」の報告と今後の展開

■【鉄びん通信7】 09.6月号 (6/26)~5/31公演「お~ぷん」の報告と今後の展開_c0209555_1912368.jpg●OBの皆さん、芝居好きの皆の衆、元気っすかあ~。5/30,31の公演、やったっすよ。4劇団が入り交じっての、「コラボ、セッション、乗り打ち、大コント大会」面白かったっすよ~。
●農工現役、農工OB(今昔、遠方問わず)、尚美の大学生が清心館の2,3階で、ゴチャゴチャに入り交じっての2日間は観客も今までの最大170人。最上級のお祭りだった。
人間って、普段の生活の繰り返しで抑圧された無意識(本来の自分)を、旅行とかお祭りとかで少しづつ開放させてやらないと心と体がだんだん錆び付いてくる。だからいろんな人々とのコミュニケーションがとれる「お祭り」は欠かせない人間の営みなんだけど、演劇はそのエッセンスを損なわない形でかなり簡単に実現できる上質の「お祭り」っすね、ホント。
●今、4団体の「公演レポート」が現役によってかなり分厚い「本」になりつつあります。(希望者には配布しますよ。)その中からほんの一部を紹介しておきます。携帯だと長いかも。ゴメン。なので「今後の展開」は次回の通信で・・・。

■■【「お~ぷん」レポート】■【鉄びん通信7】 09.6月号 (6/26)~5/31公演「お~ぷん」の報告と今後の展開_c0209555_19125190.jpg

■尚美/小関愛美

セッションは本番よりも楽しかった。アドリブがどんどん飛び交って、頭のいつもと違う部分がフル回転した。人のアイデア(アドリブ)を認めて、それを受けとって更に面白いアイデアを生んでいく、という循環が、見ていても演じていても本当に楽しかった。逃げたり閉じたりしなければ無限のアイデアが出てくるのかも、と感じた。公演が終わって、演劇は年齢なども関係なく色んな人達と関わり合える本当に凄いものなんだと気付くことが出来た。2ヶ月間尚美で演劇をしてきて、幸せでした。軽々しく使ってはいけない言葉だと思うけど、若林先生とSHOWの人達と演劇が出来て本当に幸運だと思っています。自分の高校の後輩にもこんなに楽しい世界なんだって教えてあげたいです。

■尚美/トミダマサヨシ

正直、こんなに楽しかったのは人生初かもしれない。それくらい濃密だった。全ての団体を知っているのは若林先生と自分だけだったこともあり、本当においしい思いをさせてもらった。いやあ、おいしかった。何より現役や天末線とごちゃ混ぜになって芝居やったり話している姿を見て、とても感動した。芝居の快楽を垣間見た、そんな気分だ。 角度のある関係の模範的なものが感じ取れた。帰り際寂しくて泣き出しそうな現役もいた。それを見た私は感動した。これは内緒の話だが……。
とにかくこの実験は大成功だった。どの団体にも必ずプラスに働くだろうし、これを通じてマイナス面も明確に把握できたと思う。あのエネルギーは凄まじかった。1団体だけだったならばあんなエネルギーは出せないだろう。本当に興奮が覚めやらない。

■尚美/小倉■【鉄びん通信7】 09.6月号 (6/26)~5/31公演「お~ぷん」の報告と今後の展開_c0209555_191340100.jpg

場所や環境が違っても集中するものが同じならば、自然とまとまり合えるんだなと思いました。これが角度のある関係、挨拶の力なんだ、と改めて感じました。
30日の夜に発表されたセッションの組み合わせは、初対面のはずなのに、演出も微妙に違うのに、溶け込んでいてびっくりしました。角度のある関係って凄いです。演技している全員の顔がずっと輝いてました。

■尚美/濱田美登里

2日目の本番前の練習では3つの劇団が一緒に練習をした。これは本当に凄いことだと思う。初めて会う人たちばかりで年令も随分と差があったのに、この打ち解け方は半端ないと思った。

■尚美/まゆか

2日間本当にとても楽しかった。これはSHOWの皆が同じ気持ちだったと思う。
時間の経過も疲れることも忘れて好きなことやって、わくわくしっ放しで、ある種幼少時代に戻ったような感じがした。
「1度芝居を一緒に創った人とは次会った時にどんなに時間が経っていても、気兼ねしたり気まずくなったりせず昔の様に話すことができる」というのを高校時代に小池先生が言っていたが、一緒に芝居を創っていなくても「芝居が好き」という共通点さえあればすぐに仲良くなれるんだなと実感した。

■井上祐介(秩父農工2年/音響)■【鉄びん通信7】 09.6月号 (6/26)~5/31公演「お~ぷん」の報告と今後の展開_c0209555_19145452.jpg

この春季は今までにない達成感を得られました。
4つの団体で公演をすると聞いてからどんなことになるのかとわくわくしていましたが、まさかこれほど楽しいものとは思わず自分でもびっくりしていました。
初めて忙しさを心の底から楽しむということができたと思います。
ぜひ来年も今回のようにいろいろなコラボがある公演がしたいと思いました。

■橋本奈美(秩父農工演劇部/部長)

一晩たってもまだどっかワクワクしてて、すごいことやっちゃったんだなぁ~って感じです。コラボは、も~なんていうか、見ててめっちゃワクワクしましたっ。みんなの気持ちがちゃんと芝居に向いてる空間って、こんなに心地良いものなんだなぁって密かに感動してました。現役だけじゃなかなか味わえない雰囲気で、これだけで今回の春季、合同でやって良かった!って思いました。

■青葉しおん(秩父農工演劇部/コント参加)

研究公演といえばやっぱり夜の練習が一番楽しかったです。
眠いんだけど、みんなちゃんと芝居には集中してて、妙にテンションが高くて、アドリブとかバンバンでて、時間を気にしなくていい感じがなんともいえませんでした。本当に泊まってよかったと思いました。
ナオさんと本橋さんのコラボなんか一生に一回しか見られないくらいレアなコントで、2人ともいい意味ですっごいテキトーにやってて、観てる方もやってる方も絶対楽しんでたと思います。今回の企画は自主公演以上なんじゃないかというくらい大規模な企画で、『今回だけじゃ勿体ないな、またやりたい』とも思いました。

■金子(伊古田)祐子(劇団400「バス停」)

私は、ずっと芝居をやりたいと心のどこかで思っていました。
でも、秩父から離れ、子供も生まれ、やりたいけどできないなぁ、と思っていました。そんな時、【劇団400】ができ、声をかけてもらい本当に良かったです。
なかなか逸也先輩と予定が合わなくて練習できなかったり、家の事情で大変だったり、色々ありました。でも、そんな私達が舞台に立てました。
それは、やっぱり若林先生や小池先生、現役、そしてやっぱり劇団天末線の助けがあったからです。助けてもらったなぁ、という気持ちと、昔の仲間それから新しい仲間、演劇でつながっている仲間はあったかいなぁ、とつくづく感じました。ちょっと遠くにいても、子供がいても、色々事情があっても、気持ちさえあれば芝居は出来るんだなぁと思いました。
練習に行く事で日々の生活の息抜きが出来て、張りのある生活ができた様に思います。それから、コラボ!いいですね、楽しそう!見ているだけで、こっちまでテンションが上がりました。小3の下の子、ミスズが「ママ、群馬県に演劇部はないの?」なんて聞いてきました。ママがママ以外で頑張る所を見せるのも、すごくイイ事ですね。

■矢島穂波 (劇団400「源泉」)

本当にふらっと行って帰って来る感覚で練習が出来た事は、いい経験になりました。個人的には、最初2ヶ月は短いと感じていましたが、短期集中する今回のような場合は最終的には丁度よかったような気がします。今後、先生の手直しによってどの様に変わっていけるか楽しみです。
私達の他にも「400」でなら関わりたいと思っている人もいると思います。今回の実験が次につないで行けたならいいな、と思う今日この頃です。

■江田絹代(劇団400「源泉」)■【鉄びん通信7】 09.6月号 (6/26)~5/31公演「お~ぷん」の報告と今後の展開_c0209555_1916441.jpg

今回『劇団400』として参加させていただき、一番に思うのは「やってよかった!!」その一言に尽きますね。自分が芝居に係るのは高校卒業以来十数年ぶりで、今回お話を引き受ける前は、芝居はやりたいけど時間的にムリだよな……と、いつも諦めていました。しかし、「乗り打ち」をコンセプトとする『劇団400』は、ヒマがないけど芝居はやりたいというわがままを見事に叶えるとてもよい方法だと思いました。出来るかなと不安に思っていたものが、実際に出来たのですから!!
実質3時間位の練習を4回と、リハと本番の日に通し数回で本番に臨んだわけですね。正味2ヶ月の短い期間でエネルギーを集中してできたので、生活や仕事の負担にならず、非日常を味わいながら楽しくできたと思います。
ぜひまたチャンスがあればやりたいなと思っています。やりたいけど自信がないと思っている多くのOBに「やってよかった!!」と今後触れ回って行きたいと思います。私すっかりまたやる気になってますね(笑)。

■石井美和/ジャッキー(劇団400「源泉」)

台詞覚えはもちろん、集中してシャドーをする事にもなかなか慣れなくて、やっとこさ「あぁ、こんなだったわ。」なんて思えたのは、最後の一週間位でした。
最後の方はやっててすごく楽しかったんですケド、思い出して来たら終わっちゃってた感じがすごくしていて、だからこそ、またやりたい。
次はもう少し肩の力を抜いて楽しめそうです。吐きそうな程緊張したけど、楽しかったなぁ。またやりたいです。

■新井逸也(劇団400「バス停のある風景」男1)

しかし、こんなむちゃが出来てしまうと言うことは、役者が相当アホなのか、よっぽど芝居に対する懐が深いのかのどちらかしかが考えられない!
それにしても、役者は本当に楽しそうでうらやましかったなぁ!
劇団400も、今後持ちネタならぬ持ち舞台ふやして、小学生が公園で戦隊ごっこやるように「じゃぁ、おれ今日、男1やるから、おまえは女1やれよ!男2はおまえなぁ」みたいな感じでやれたら楽しいだろうなぁ・・・。なんて思ってしまった。

■【鉄びん通信7】 09.6月号 (6/26)~5/31公演「お~ぷん」の報告と今後の展開_c0209555_19172082.jpg■福島亜紀(天末線/グリーン役)

今回4団体コラボは最高でした、人との繋がりを全身で感じられました。若林先生より年上のOBの方々の話を聞いて演劇部の歴史を感じられました。あの人達がいたから、自分たちがいられる…
なんか繋がりを感じられて、感動して泣きそうになりました。

■千葉 克文(天末線)

劇団400の稽古には、それほど、参加できなかったが、「バス停」には半日つきあえた。役者二人と、タバちゃんの三人での稽古の予定の日だったが、都合がついて、行ってみると、他にも稽古を見に駆けつけてる人がいて、このつながり、いいなぁなんて感じた。役者も二十年ぶりぐらいに、科白いれて舞台に立とうとしている。もう一週間前なのに、通しすら出来ていないが、楽しんで、がむしゃらにやっている。こんなの見ると、応援したくなるし、テンションもあがる。

今回の公演で、見えてきたものがあると思う。その一つに、劇団400が行った、稽古を最小限にして、本番にのぞむ。これは、役者としては、結構不安で、いたたまれない気持ちになるだろうが、今回の源泉およびバス停も稽古時間はほんとに少なかったと思うが、それでも一番いいできの芝居をしたと思う。これによって、芝居作りに参加出来る人が非常に増えたと思う。
最後のミィーティングにかなり古いOBの先輩達が出席してくれた(個人的には、今回このOBの方々が見にきてくれて、ミーティングに参加してくれたことが、一番うれしかった。)が、先輩達がもし芝居やってみたいとなれば、可能性があるし、天末線もその中に入り乱れて、一緒に芝居を作ることもできるとおもう。

by tetsubin6 | 2009-09-26 19:17
2009年 09月 26日

■【鉄びん通信6】 09.5月号 (5/20)~5/31「お~ぷん」公演のご案内。

■【鉄びん通信6】 09.5月号 (5/20)~5/31「お~ぷん」公演のご案内。_c0209555_1941118.jpgみんな元気スッすか? 巷では新型インフルエンザ騒動。人間の体を利用してたくましく生き続ける細菌野郎が現にいるってことだよね。それくらいのことある、っていうかそろそろ人類も滅びるってことかな、ハハハ。
とりあえず、5/31「おーぷん」のご案内です。

■ <5/31(日)~春季秩父地区高等学校演劇発表会「おーぷん」ご案内>
会場  秩父農工科学高等学校・清心館ホール
12:30 開場 
13:00 開演
13:00~13;30 秩父農工科学高校演劇部1年生によるコント3本上演
13:30~14:50 「コントdeコトン」(■説明は---------★の下に)
15:00~15:40 「レジスタンスダンス」(秩父農工科学高校演劇部/県壮行公演出場予 定) コイケ先生の農工赴任渾身の2作目。シュールな学園もの。面白いっすよ。これがこの公演のトリ。
15:40~合評会Mi(とんでもないことになりそうな予感・・・・)
------------------------------------★
≪「コントdeコトン」≫ ■【鉄びん通信6】 09.5月号 (5/20)~5/31「お~ぷん」公演のご案内。_c0209555_195720.jpg 
4つの劇団【秩父農工科学演劇部/劇団天末線/劇団SHOW/劇団400】が3つの上演コンセプト【コラボ/セッション/乗り打ち】に挑戦するドキドキ・ラボ(実験)。
[上演コント]10本
▼①「ヒーロー」▼②「宇宙人」▼③「親不孝」▼④「スイカ」▼⑤「勝手」▼⑥「背後霊」▼⑦「指名手配」▼⑧「心の中の男」▼⑨「バス停」▼⑩「源泉」

■■≪キャスト≫
■秩父農工科学高校演劇部(学年)
青葉詩恩(3)浅見将大(3)池田雄一(3)
■劇団天末線(卒業年度)
川田徹(H2)千葉克文(S63)田端将伸(H4)石木戸美穂子(H4)新井竜浩(H2)櫻井知子(H2)吉田奈央(H5)福島亜紀(H20)吉田優作(H20)新井楓(H20)市川拓弥(H20)黒沢文章(H20)
■劇団SHOW(尚美学園大学/演劇専攻生)(学年)
井川宏(2)佐藤大地(2)富田まさよし(1)井上歩(1)新野まゆか(1)田川稔裕希(1)本橋 龍(1)高橋早紀(1)宮川裕希子(1)小倉雅美(1)足立幸太(1)小関愛美(1)鈴木智皓(1)村田みずき(1)濱田美登里(1)
■劇団400(卒業年度)
新井逸也(S63)金子裕子(H1)江田絹代(H1)矢島穂波(H1)石井美和(H2) 

■■≪スタッフ≫(卒業年度)
演出  鉄びん(H8)
舞台監督 原恵子(H1)
舞台美術 新井和弘(H8)
照明 持田知宏(H6)
音響 浅賀雅樹(H2)木暮匠(H20)
衣装 出浦美佐子(H1)力山久子(H3)
制作 岡田久男(H1)
当日ヘルパー 守屋卓行(H5)小林知恵(H20) その他大勢

■■【公演コンセプト】のおさらいです。■【鉄びん通信6】 09.5月号 (5/20)~5/31「お~ぷん」公演のご案内。_c0209555_19667.jpg

▼【コラボ】~普段は触れあうことのない別なクリエーターと、練習の段階から共同で作り上げること。二つの個性が触れあうと、楽しさとともにお互いに大きな影響を受ける。今回は現役の何名かと天末線とのコラボが実現しました。コント▼①▼⑤▼⑧

▼【セッション】~本番だけのコラボのこと。冒険だが、その新鮮なライブ感覚がたまらない魅力。今回は農工+天末線と劇団SHOWのセッションが実現。この二つのチームはあらかじめそれぞれ異なる場所で同じコントを作り、今日の本番直前にあえて相手役をすべて入れ変えてしまいます。さてさて本番が楽しみです。コント▼①▼②▼③▼⑤▼⑥▼⑧

▼【乗り打ち】~遠方でも、時間が無くても、芝居が出来るための方法。あらかじめ台本と演技を入れてもらい、公演の朝開場入りし、簡単なリハを行い、午後強引に本番を行い、その日のうちに風のように去っていってもらう。原則はそうだが、実際は1,2度それぞれのチームで秩父に集まり、合わせ練習をしました。これはこれで至上の楽しみ。今回は劇団400が二つのコントを【乗り打ち】披露します。コント▼⑨▼⑩

▼なので、配役については、当日「本番前決定」のため、当日配役表を配布します。
▼「コントdeコトン」上演時間は全部で1時間10分ほどです。役者自信のドキドキ感がどんな本番を見せてくれるか、是非楽しんで下さい!

■■【連絡】■【鉄びん通信6】 09.5月号 (5/20)~5/31「お~ぷん」公演のご案内。_c0209555_196541.jpg

●この公演は、ある意味CATDと私と日本の演劇状況を革新する、すべての新しい出発です!(デヘ)OBのみなさん是非見に来てチョ。
これに関わったかも知れない辻清子(1982)、白川綾(1999)、大島要子(1999)。昔OBの1962卒のOBの皆さんたち(森、堀田、吹田、半田さん)。チバが待ってるぞ清水宏希(1987)と土屋進(1987)。う~ん、今回は声かけ遠慮してしまったけど劇団400で待ってる小久保夫婦(1981)、橋本透(1980)。みなさんぜひお出かけうどん。
現役をいれるとOB名簿Noはなんと501名になりました。とりあえず、老いも若きも5/31秩父農工清心館に集まるべえや! なんだか凄いことになりそう。今から興奮気味。

●5/31がダメなひとは、前日5/30、同じ時間帯にセッションではない研究公演があります。内々なのでそちらの方でも全然OKですよ。直接清心館に来て下さい。待ってまふ。
ではではみなはん、くれぐれも細菌野郎に負けないよう。お元気で・・・・。

by tetsubin6 | 2009-09-26 19:07
2009年 09月 26日

■【鉄びん通信5】 09.4月号 (4/19)~「コントでコトン」

■【鉄びん通信5】 09.4月号 (4/19)~「コントでコトン」_c0209555_1893281.jpg●「ってなことで、結局全部で4団体が【コラボ】【セッション】【乗り打ち】というキーワードのもと、【5/31秩父春季】目指して走り始めました。OBの皆さん、5/31開けておいて下さい。新しい歴史の始まりです。も、絶対見に来てクレヨン!」
これが「鉄びん通信4」の最後の言葉でした。

■■そうです、【秩父春季】です。いま分かる範囲で経過報告しやす。
≪出し物≫は
▼①【現役演劇部「新入生コント」】~例年通りハチャメチャなコント数本。
▼②【「コントdeコトン」】~【劇団天末線】と【劇団SHOW】が入り乱れてのコント一挙8本上演。(前日はこの連中は清心館に泊です)
▼③【劇団400-「バス停」「源泉」】
▼④【現役演劇部「レジスタンスダンス」】(略称「レタス」)~2,3年生による40分の芝居。■【鉄びん通信5】 09.4月号 (4/19)~「コントでコトン」_c0209555_18103984.jpg

●【解説①】劇団SHOWは私が今尚美学園大学で教えてる演劇専攻生18名。天末線と全く同じ8本のコントを別々につくり、乱暴にも本番当日発表されためちゃくちゃな組み合わせで天末線とのセッションをお客さんに見てもらう。戸惑う新鮮な演技が伝わるかどうか(?)楽しみですなあ。

●【解説②】「バス停」と「源泉」はそれぞれ1度ずつ以下のように「会わせ練習」をしました。どのOBも10数年ぶりの舞台で、らしくもなく緊張と不安と喜びに満ちていました。いやあ~、それを見ているだけで私は幸せでありました。で、それぞれ最後の30分は清心館のライトを浴びながらの練習。特に「源泉」はそのとき残っていた現役の25人ぐらいを観客にして試演会までやってしまいました。すでに芝居として充分成立OK。


■■劇団400練習  4/5(日)10:00~16:00 若林山の家
【バス停のある風景-金子(伊古田)裕子(1989卒)新井逸也(1988卒)】

◆『金子祐子の練習感想メール』~今日はお疲れ様でした。ありがとうございました。子供達も初体験で楽しかったみたいです!(小6と3の女の子も参加)さっそく、専属鬼マネージャーと化してダメ出しされそうですよ。いやぁ、それにしても疲れました。最後まで力が抜けなかったですよね。ホント、カチカチ頭がオーバーヒートです。ハハハッ!
でも、楽しかった~♪いやぁ、楽しかった♪先生の直しで昔を思い出して嬉しくなりました。でも、直したセリフをすぐ忘れてしまうのは歳のせいでしょうか?
逸也先輩とも、あまり会えないですが今日は練習できて、貴重な貴重な一日でした。
良かったです! 久しぶりに心が躍った。楽しかった~。

■■劇団400練習 4/11(土)15:00~18:00 清心館■【鉄びん通信5】 09.4月号 (4/19)~「コントでコトン」_c0209555_18113087.jpg
【源泉-石井美和(1990卒)江田絹代(1989卒)矢島穂波(1989卒)】

◆『矢島穂波の練習感想メール』~若林先生、小池先生、絹ちゃん、ジャッキー、徹ちゃん、現役の皆さん、源泉の初練習お世話になりました。十数年ぶりの舞台上での練習、疲れました。でも、楽しかった~。まだ喉が痛いです。明日集まる天末線の皆さん頑張ってください。社会人となって活動を続けている皆さんの凄さ、改めて感じました。

◆『石井美和・感想』~生まれて初めてくらいの、もうガチガチでした。すげ~面白かったあ~!

●【解説③】「レタス」はコイケ先生の農工赴任渾身の2作目。シュールな学園もの。面白いっすよ。これがこの公演のトリ。
≪上演時間は≫会場12時30分 開演13時00分 終演15時30分 その後合同Mi
最終的な詳細は次の【鉄びん通信5月号】に掲載します。

■■【鉄びんの近況】■【鉄びん通信5】 09.4月号 (4/19)~「コントでコトン」_c0209555_18135677.jpg

山の中の我が家の周りは芽吹き真っ盛り。一年で一番エネルギーを感じる季節。そんな中で尚美の演劇専攻が動き出しました。今は自分の芝居づくりの腕1本で世界と勝負している感じで、なかなかスリリングで面白い毎日です。しかし激務です。そこで午前中川越に行く前の1時間を贅沢に体と心のメンテナンス時間と決め、どんなに忙しくても仕事を立ち切り、筋トレとストレッチと呼吸を優先して実行することにしました。おかげでまたイキイキが戻ってきました。リラックスのプロを自称する私です。考えてみれば当たり前田のクラッカーでした。(笑え!) 昨日などは外にマットを引いて、芽吹きの山に抱かれ、花々に囲まれてタップリとストレッチをやりました。こんな贅沢な幸せな時間を持てたことに感謝です。
私の今の欲望は『芝居好き達のユルイ関係づくり』と『高校の部活を大学の教育プログラムにしてしまうこと』と『若い世代への私のマニュアル伝達』の3つです。自分のやりたい仕事があって、仲間があって、リラックスできて、ある意味もういつ死んでもいいってなもんです。
みんな昔を思い出してストレッチやろうぜ!

■■■と言うことで、OBの皆んな! 5/31 13時 照れないで、オトナぶらないで、素直になって、諦めて、清心館に顔を出してクレゾール。
皆んなの心の何かが動くはずかしラッキョのおなら。
じゃあね、また。

by tetsubin6 | 2009-09-26 18:15
2009年 09月 26日

■【鉄びん通信4】 09.3月号 (3/16)~それぞれの出発

■【鉄びん通信4】 09.3月号 (3/16)~それぞれの出発_c0209555_17585472.jpg●花粉飛びまくってます。みんな元気すか~ぁ。若林ッス。
自主が終わり、私の退職1年目が終わりました。ホント怒濤の1年でした。面白かったス。しかし4月の別役対談や7月の退職パーティがすでに遠いい昔の出来事のようです。すでに新しい年度に向けて現役も天末線も尚美学園大学も、それぞれ行動を開始しました。

■■【現役】~出発

▼【新体制】~新しい部長(橋本奈美)や3人の副部長が決まり、走り始めました。自主が終わってここまで誰も部を止めていません。これは現役の自慢でんな。小池先生も私からのSwitchをいとも簡単にやってのけました。今年が見ものでんな。
▼【3/10卒業式】~19名の演劇部員がめでたく卒業。私も式に出ました。正式に玄関から入ったら来賓扱いで、なんとエライさんと同じ席に着かされエライ目に遭いました。しかし3年間頑張った部員のいい顔を見るだけでこちらもエエ気持ちでした。
▼【4/19熊谷春季・八木橋カトレアホール】~今年からこれにも参加するとのこと。
■【鉄びん通信4】 09.3月号 (3/16)~それぞれの出発_c0209555_1802619.jpg▼【5/31秩父春季・農工清心館】~なので春季を2回やることになった。エエね。
▼【6/16全国壮行会・埼玉会館】~今年は埼玉から全国出場はない。そういう年はこの壮行会の演劇の1時間枠をどこかの学校が演じる。しかもその学校は全国大会にも何人か代表として見学にいける。今年の全国(三重)は若林が審査員で参加することになっているので、じゃあと言うことで現役も頑張ってこの壮行会参加を勝ち取ってくれた。で、全国に一緒に参加と相成った。いいね。やるな、現役!

■■【尚美】~コント練習開始

いろいろな障害があったんだけど、4月から「演劇専攻」が始まりやす。私を頼って演劇専攻生8名が入学決定。で、正式入学を待たずにすでに大学でコントの練習を開始しました。名前は昨年立ち上げた「劇団SHOW」。農工演劇部で天末線の富田まさよしもいます。いくぞ尚美!■【鉄びん通信4】 09.3月号 (3/16)~それぞれの出発_c0209555_1811349.jpg

■■【天末線】~次の目標は5/31ヤマザキ春の大コント祭

さて、これが「鉄びん通信4」のメインイベント。自主ではSwitchを旗頭にして、現役とOBの共同作業がとてもいい影響をもたらしました。普段ほとんど他団体の活動を目にすることがない秩父農工演劇部は、楽しんでつくる芝居の原点みたいなものを天末線から学んだようです。おかげで3年生からはなんと8名の天末線新加入という副産物がありました。せっかく出来たいい関係をもう少し深めたいという意見があり、【5/31の現役の秩父春季】を【ヤマザキ春の大コント祭】としてそのコント芝居に天末線も参加しよう。しかも現役とキャストスタッフ入り乱れた[コラボ]をやってみようと提案。さらに上記の尚美の劇団SHOWの練習コントを同じコントにして、前日か当日秩父に来てもらい、本番直前に組み合わせキャストを発表するという、3団体入り乱れてのいわゆる[セッション]をやらかそう。いいねいいね、面白そう!■【鉄びん通信4】 09.3月号 (3/16)~それぞれの出発_c0209555_1823925.jpg

■■【劇団400】~劇団400の立ち上げー[乗り打ち]

だったら面白ついでにもう一つ。懸案だった「劇団400」をそのコント大会に乗じて立ち上げてしまおうという案が浮上。キーワードは[乗り打ち]。つまり、簡単なコントのセリフをあらかじめ入れてきてもらい、本番前日か当日の午前に合わせて、一挙に本番をやってしまうというやり方。実際は初めての実験なので、出来る範囲で何回かの(2,3回?)役者合わせ練習を私の家でやることになると思う。でもこの実験が成功すれば、「芝居をしてみたいけど、遠方のためだったり家庭や仕事のために天末線のように頻繁には関われない」OBにとっては、一つの可能性が広がるはずだ。そしてやがて劇団400へと・・・・。で、結局以下のキャストで2つのコントをすることになりやした。

▼≪源泉≫
女1 石井美和 1990卒(千葉・船橋)
女2 江田絹代 1989卒(テレビで有名な楽時舎)
女3 矢島穂波 1989卒(秩父神社停留所前)
▼≪バス停のある風景≫
女1 金子裕子 1989卒(群馬・伊勢崎)
男1 新井逸也 1988卒(東京・赤坂プリンスホテル)

●註1)【石井美和】の役や実は最初1999卒の白川綾が確定だったが、ダンナの仕事の関係で、同じく■【鉄びん通信4】 09.3月号 (3/16)~それぞれの出発_c0209555_1834996.jpg1999卒の大島要子に変更。ところが大島の家族の結婚の関係で最終的に石井美和に落ち着いた。私は電話で「劇団400の芝居やらない」と言ったら即座に「いいですよ。やります」と言った。これが「サッちゃん」だ! ここ数ヶ月の中で一番嬉しい爽やかな返事だった。これ、多分一生忘れないだろう。そういうもんだ。
●註2)【源泉】は竹内銃一郎の「伝染」をもじったもんで、おばさん3人の場面をコント仕立てにテキストレジーしたもの。伝説的な「伝染」の一部がもう一度見られるゾ!

■■【OB-oldの会】~動き始めたよ。

森環さんいう1962年卒のOBの方が中心になり、4/5に17名が集まり、高齢者OB会(とご本人はおっしゃっていました)を開くそうです。私たちのルーツというか基礎をつくって頂いた方々です。わたしたちも何らかの形で関われればいいなと思っていますが・・・・。(絶対「昔OB」の皆さんの芝居みたいよね。)

●ってなことで、結局全部で4団体が[コラボ][セッション][乗り打ち]というキーワードのもと、5/31目指して走り始めました。また経過報告します。OBの皆さん、5/31開けておいて下さい。新しい歴史の始まりです。も、絶対見に来てクレヨン! 

by tetsubin6 | 2009-09-26 18:04
2009年 09月 26日

■【鉄びん通信3】 09.2月号 (2/8)~風邪がはやってます。みんな元気すか~ぁ。若林っす。

■■【自主終わる】~報告
■【鉄びん通信3】 09.2月号 (2/8)~風邪がはやってます。みんな元気すか~ぁ。若林っす。_c0209555_17182359.jpg
2/1(日)のOB現役の合同自主公演No29 Switch無事終了。
●《概要》~観客は昼が多くて730人、夜が420人。天末線は、当日ヘルパー入れて30人で参加。観客OBは約60人が駆けつけてくれました。
●《ハプニング》
農工荷積みと会館荷下ろしはバッチリ雨にたたられ、夜の部の開始前に1年のキャストが一人倒れ、救急車騒ぎがあったり、例年通り(?)のハプニング満載。1本目の自主芝居カットかなと半ば覚悟をし、その段取りをしなければと楽屋裏に直行したら、演出の田端がすでに衣装を付けながら、台本を覚えていました。「行けるの?」と聞くと「はい、行けます!」という答え。ロビーに直行するとコイケ先生が救急車に乗り込もうとするところ。2本目の「勇気」の20面相はコイケ先生なのです。「う~ん、20面相、俺がやんなくちゃあかな」と密かに覚悟する。その日の打ち上げで聞いたら何人かのOBも同じ覚悟をしたらしい。芝居が始まって、代役の田端の演技。息をのんだ。しかし見事スラスラとセリフが出る。1年前、同じ舞台で「11匹のネコ」のにゃん太郎をやっただけのことはある。何とかなりそう。楽屋に行くと、ブカンの機転で、コイケ先生の代わりに稲葉先生が救急車に乗ったとのこと。倒れた本人も疲れからで、なんとか無事だということだ。「いや~、せっかく何年ぶりかの役者をやれるとこだったのに」と内心ガッカリ(?)。何とかみんなの頑張りで危機を脱した。
■【鉄びん通信3】 09.2月号 (2/8)~風邪がはやってます。みんな元気すか~ぁ。若林っす。_c0209555_17193353.jpg●《終了Mi》
結局すべていい思い出。外でいつものようにMi.。3年生は一様に「スッキリ」を連発。3年間続けた者に訪れる勲章。心の化学変化だ。「集団での創造行為」。私はこれが人生の中でもっとも上質の快楽だと密かに思っている。
●《打ち上げ》
「伸平」のご厚意で、結局10時から始まった打ち上げはなんと朝の5時まで続いた。私が腰を上げなければまだ続いたかも。コイケ先生やヘルパーも加わって、この打ち上げのために公演があるかのような、実に幸福な楽しい飲み会になった。
●《合同自主について》
OB現役合同自主は3回目。過去2回はOBが現役を助ける形で参加したのですが、今回は私からコイケ先生へのSwitchというコンセプトで完全な同等なコラボという形で参加。スケジュールがヤル方も見る方も大変という欠点はあるのですが、それを上回るいいことがいっぱいありました。いつも他集団の活動を見たことがない農工演劇部にとっては、かなりいい刺激になったようです。せっかくある兄弟分としての天末線なのに、お互いに刺激を与えずバラバラの活動はずいぶんエネルギー損失だったことが分かりました。おかげで卒業したら天末線に入りたい現役も何人か出てきました。これからのお互いのいい関係を深めるキッカケになりそうです。■【鉄びん通信3】 09.2月号 (2/8)~風邪がはやってます。みんな元気すか~ぁ。若林っす。_c0209555_17203779.jpg

■■【メルアドの協力を】

自主の前後、いろんなOBからメールをもらいました。とくに公演後は多くのメールがきました。1週間はその返事に忙殺されたほどで、それこそ嬉しい誤算でした。メールの便利さ、威力をことさら感じました。
なので、この通信を受け取ったOBの皆さんにお願いです。毎回でゴメンですが、
▼①《未登録のOB》
みんなの近くのOBでまだ私の方にメールアドレスを登録してないOBがいたら、以後の連絡が行かなくなってしまうかもしれませんので、私のメールアドレスを教え、私までメールを打つように話して下さい。さらに「若林のアドレスを有効にする設定」をするように話してくれると助かります。
▼②《拒否設定のOB》
以下の10名のOBは登録済みですが「拒否設定」されているために通信を送れません。近くにいたら是非そのことを話して「若林のアドレスを有効にする設定」をするように話して下さい。
笠原心1993   橋本優2006   最上(岩田)順子1993
小林千夏1993 小林麻美2004 新井淳子2000
石橋美穂2006 大沢章秀1989 内山愛理2004
馬場香里2004  (数字は卒業年度です)

●【じゃあね】長々とゴメン。みんな~、体に気をつけて頑張れよ! 
■【鉄びん通信3】 09.2月号 (2/8)~風邪がはやってます。みんな元気すか~ぁ。若林っす。_c0209555_1721784.jpg
 

by tetsubin6 | 2009-09-26 17:21
2009年 09月 26日

■【鉄びん通信2】 09.1月号 (1/22)~2回目の通信っすよ~。

農工演劇部OBのみなさん、お元気ですか~ぁ。若林です。2回目の「鉄びん通信」です。

■■【試演会終わる】■【鉄びん通信2】 09.1月号 (1/22)~2回目の通信っすよ~。_c0209555_17111757.jpg

1/18(日)の「勇気りんりん鈴の音」の試演会は無事終わりました。何人かのOBや秩高司書の田島先生(昔農工の司書を長くやっていて、今や天末線のメンバーです)が差し入れ一杯もって駆けつけてくれたり、現役の50人のエキストラも参加してくれたり、試演会とは思えないいい雰囲気の中、役者達は気持ちよく演じていました。いい仕上がりです。小林少年役の川田は響く声のコツを会得してタップリと演っていたし、田端は当日つけられたギャグを長々と気持ちよくやっていたし、みんな間を気持ちよく取り合って、おかげで上演時間は1時間18分。う~ん、これ1時間に縮めるのは天才若林を持ってしても不可能だ。頭痛い。おまけに黒田はラーメンを口からボタボタこぼしてパンチを汚すし、千葉はピストルを落とすし、みんな歌は音痴だし、さすが「いい加減さ」バツグンの天末線。とにかく楽しさと面白さと優しさが会場を支配していました。
う~ん、楽しかった。

■【現役も・頑張る】

その後、ブカンの原中心にMiをタップリやって、さて現役の練習を5分ぐらい見て帰ろうと思って、7時頃ホールに行ったのが運の尽きだった。小池先生を中心に「千のナイフ」の張りつめた練習中だった。もうこれを見ると巨匠若林は帰れない。結局1時間半そのまま直しにつき合ってしまった。生徒も小池先生も真剣。今ならどんどん吸収してどんどん伸びる。公演直前は伸びるんだ。みんなもそうだった。■【鉄びん通信2】 09.1月号 (1/22)~2回目の通信っすよ~。_c0209555_17122916.jpg
翌日印刷やら何やらで部活に顔を出す。ホールでは小池先生を前にして、スタッフだけの転換練。前日お通夜みたいだったが、今日は違う。張りつめた空気がビンビンぶつかる。私は敢えて生物室の「千のナイフ」に移動。今年から農工は機械警備になった。校舎やまして職員室は5時15分からもう入れない。おかげで私は生物室にたどり着くまで結局20分もかかった。生徒だけで最後のあがきをしていた。いい感じだった。芝居の出来よりも、そのことに感動。結局2時間近くつき合った。ずいぶんみんな大人になってきた。

■【1/25(日)仮上演】~PM1:00~4:00自主公演本番通りの「仮上演」。「勇気りんりん」(14:20~)を間に挟んで3本の上演。2/1が都合つかないOBは見に来て下さい。

■【2/1(日)自主本番】~私はこれからも現役と天末線には関わっていくつもりですが、今回は私から小池先生へのswitchがコンセプトです。オバマへのchangeをはるかに超えるこの歴史的な瞬間に立ち会って下さい。小池先生も「りんりん」に役者で出ます。小池先生はそういう「いい感じ」の人です。昼夜入れ替え時の駐車場はOBが担当です。いろんなOBが顔を出すと思います。ぜひ時間をつくって、会館におひで、おひで。

■【大学の仕事】~私の大学の仕事は、4月からの演劇コースの立ち上げに伴って、演劇ホールの設計や、新しい演劇の先生の招聘などなど、全部一人でやっています。もう死にそう。でも心の底では楽しんでもいます。近々いい知らせができるといいのだけど・・・・。■【鉄びん通信2】 09.1月号 (1/22)~2回目の通信っすよ~。_c0209555_17132690.jpg

■【メールアドレス】~え~と、メールアドレスを教えているのに1回目の【鉄びん通信-1(08.12.18付け)】が届かなかった人が17人います。出したけど帰ってきてしまいました。後で電話か手紙かで再確認します。
で、みんなの近くのOBでまだ私の方にメールアドレスが来てない人がいたら、私のメールアドレスを教えてやって下さい。これからの現役・天末線・その他OB情報はみんなこの「通信メール」に切り替わります。ヨロシコ。

■【とりあえずじゃあね】みんな~、体に気をつけて頑張れ!2/1市民会館で会いませう。

by tetsubin6 | 2009-09-26 17:13
2009年 09月 26日

■■【鉄びん通信1】 08.12月号 (12/18)~記念すべき通信第1号っす!

農工演劇部OBのみなさん、ご無沙汰です。お元気ですか。若林です。
皆さんに協力してもらい多くのメールアドレスが集まりました。大分遅くなりましたが一回目の通信です。
すでに現役の自主公演(来年2/1)の封書が届いていると思いますので、詳しいことはそれを見て下さい。今回はとりあえずの連絡だけにします。■■【鉄びん通信1】 08.12月号 (12/18)~記念すべき通信第1号っす!_c0209555_151831100.jpg

■■【芝居変更】

7月の私の退職パーティーでは田巻慎一('88卒)作・演出の「ノーコー日和」をやる予定でしたが、彼の体調の都合(大丈夫、まで死んでませんから)もあって、上演は彼の復調待ちということにして、急遽私の処女作「勇気りんりん鈴の音」を私の演出で、2/1の自主公演に現役の2本と一緒に演ることになりました。んで、もし見たいんだけどその日都合がつかないっていう人は、清心館で試演会及び仮上演を以下のようにやりますので、遠慮しないでぜひ見に来て下さい。直接当日来てもらってもいいのですが、一応私のところにメールもらえるとありがたいです。客席も用意できるし、みんなのテンションも上がるので・・・・。

●1/18(日)PM3:00~「試演会」(「勇気りんりん鈴の音」のみ)
●1/25(日)PM1:00~自主公演本番通り、「りんりん」を間に挟んで3本の「仮上演」。

練習日ももちろん来てもらってOKなので、一応書いておきます。場所はすべて清心館。
●12/28(日)●1/4(日)●1/11(日)●1/12(月)●1/17(土)
誰がいなくても若林は絶対いるので、遠慮しないでお出で、オイデ。

■■【私の近況】

私は今、大学で演劇の授業をしながら、新しくできる演劇コースの立ち上げで悪戦苦闘しています。おかげで「400人ユル劇団」の実践が少し遅れていますが、近いうち必ず形になると思います。そんな中でも天末線の活動は手を抜けません。だって天末線は今、ほんと一番楽しい時間です。みんなも遠方からのヤツもいて大変だけど面白がってやってます。退職して改めて芝居の楽しさを噛みしめているって感じです。

■■【鉄びん通信とメルアド協力について】

▼私からのこのメール、現役、天末線の活動報告を兼ねて、月1ぐらいには出そうと思っています。いまだに「面白さ」にこだわりバカバカしいことをやってる我々の活動が、少しでもみんなのエネルギーになればと思っていますが、もちろん面倒くさかったら読まないで消して下さい。
▼携帯(特に古い携帯)メールの人は、あまり情報量があると大変かもしれませんが、カンベンカンベン。
▼メールアドレスを変えた場合は、まめに連絡下さい。あとの連絡が取れなくなりますので。また、今私はメールでほとんど仕事してます。問い合わせ、世間話、遠慮なく私へのメールもOKです。待ってます。

とりあえず1回目の通信です。届くかなあ。
なんだか心なしか心配です。じゃあね。

by tetsubin6 | 2009-09-26 15:18