人気ブログランキング |

てつびん通信

tetsubin6.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 18日

■【鉄びん通信11】 09.12月号~タップリと収穫ありでぃ!

●OBのみなさん、元気でやってまっかぁ~!早いもんでもう年越しです。今年も終わりや。
でも11月は年間で一番芝居が美味しい時期。たっぷり味あわんと・・・と、ノンビリ構えていたら、仕事もタップリ押し寄せてきて、収穫もタップリだけど、休日はゼロ。(詳細は私のブログを)おかげで鉄びん通信11月号は出せまへんでした。メンゴメンゴ。

■■【現役】
■【鉄びん通信11】 09.12月号~タップリと収穫ありでぃ!_c0209555_111089.jpg▼【中央大会突破!関東出場決定~1/23(土),24(日)長野県東御市】
いやあ~、やりましたよ。中央大会、優秀賞1席で見事4年ぶり関東出場決定です。出来もよくて、最優秀でもいける感じでした。私が書いた埼玉新聞の講評は12/9【上】と12/16【下】に出ました。農工の記事と写真は多分12/16に掲載だと思います。小池先生も着実に力をつけています。(詳細はhttp://tetsubin5.exblog.jp/ 若林医院)
▼【関東大会~日程】
【日にち】2010年1月23日(土)・24日(日)
【場所】長野県東御市文化会館サンテラスホール
【住所】長野県東御市常田505の1 電話0268.62.3700
【農工本番】一日目23日(土) 14:30~15:30  

■■【現役・天末線~ダブル第30回合同公演1/31(日)】
▼天末線の次回公演が第30回目、現役の自主が第30回目で偶然の一致。
だったらとうことで、去年の「若林→小池Switch記念公演」に引き続いて、今年も一緒に「ダブル第30回」を記念して合同で公演をすることになりました。
去年の合同公演で、現役とずいぶん交換出来ました。お互いにいい影響を受けました。この公演でまた一段と現役との親密さが増すと思います。

■【鉄びん通信11】 09.12月号~タップリと収穫ありでぃ!_c0209555_1131948.jpg【日時】2010年1月31日(日)
【場所】秩父宮記念市民会館
【演目】
①別役実/作「帽子屋さんのお茶の会」(現役)
②別役実/作「小さな家と5人の紳士」(天末線)
③コイケユタカ/作「肌色メタル」(現役)
【時間】
●午前の部  会場/10:00  開演/10:30 終演/14:40
●午後の部  開場/15:30  開演/16:00  終演/20:10

■天末線/キャスト(卒業年度)
男1 田端将伸(H4)
男2 川田 徹(H2)
男3 新井竜浩(H2)
男4 黒沢文章(H20)
男5 千葉克文(S63)
女1 吉田奈央(H5)
女2 原 恵子(H1)

■【鉄びん通信11】 09.12月号~タップリと収穫ありでぃ!_c0209555_1143472.jpg■天末線/スッタフ(卒業年度)
演出 鉄びん9号(H8)
舞監 原 恵子(H1)
音響 浅賀雅樹(H2) 石木戸美穂子(H4)
照明 持田知宏(H6) 吉田優作(H20)
美術 櫻井知子(H2)、神田瞳(H17)、新井和弘(H8)、市川拓弥(H20)
衣装 力山久子(H3)、原 恵子(H1)
制作 岡田久男(H1)、富田真喜(H20)
当日ヘルパー 守屋卓行(H5)小林知恵(H20) 福島亜紀(H20)新井楓(H20) 出浦美佐子(H1)その他大勢~みんな手伝いに来てちょんまげ~。

▼天末線はこの記念公演に、別役さんの「小さな家と5人の紳士」を迷いなく選びました。天末線の出発となった芝居で、それ以後役者を変え、何度も上演してきた芝居です。これを現役の2本の芝居の間に挟み、昨年同様「現役+OBの3本立て公演」になりました。
久しぶりに「関東出場を決めた現役」と、「新しい活動の展開に打ち震える天末線」を見に来て下さい。バカな時間を共有することで忘れていた何かが動き出し、皆さんの日常が違って見えてくること請け合いです。
 1/31。 市民会館で待ってます、ぜひ!

■■【天末線/近況です。】
▼①今、熊谷のサクラメイトの自主企画に応募しています。出し物は
   鉄びん26号/作  「今日もいい天気」
平成5年に全国大会で文化庁長官賞を受賞した芝居です。
公演は一応5,6月を予定していますが、決定したらまた連絡します。詳細は下記の私のブログ(http://tetsubin1.exblog.jp/ 劇団天末線)で。

▼②今、天末線の練習場及び常打ち小屋を横瀬に作る話が進んでいます。決まったらまた連絡します。今後OBの皆さんには協力をお願いすることになるかもしれません。これも詳細は私のブログで。
■【鉄びん通信11】 09.12月号~タップリと収穫ありでぃ!_c0209555_1154955.jpg


■■【スポットO号】
今、何人かの古いOBの方が幹事になって、私が顧問になる前、渡辺先生以前の演劇部の活動をまとめてスポットO号として1冊の本にしようと、話が進んでいます。これはいわば伝統ある秩父農工演劇部のルーツです。若いOBや、現役達はもう今から心待ちにしています。
楽しみです!

■■【劇団400】
一番気になってる劇団400の活動が、今ストップです。他の事があまりにもたくさんありすぎて、なかなか再始動出来ていません。春の始動がいい感じだったし、私の仕事の一番の到達点が「劇団400」です。なので、もう少し待ってて百済観音。モチベーション落とすなよ~!

■【鉄びん通信11】 09.12月号~タップリと収穫ありでぃ!_c0209555_1183884.jpg■■【鉄びん/近況】いやあ~、1年間はいろいろありました。
▼今私は一応4種類の仕事を持っています。
①尚美学園大学(川越)の授業は週4日、②一応劇団を4つもって、③6コのブログを駆使して④演劇のお医者さん「若林医院」も開院(結構マジで・・・)しています。
これもよかったら下記の私のブログを見て下さい。
休みなく毎日マツダ「デミオ」を駆って埼玉全土を駆け回っています。退職とは縁遠いキチガイじみた毎日です。でも仕事はすべて「演劇」なので、体はしんどいですがすべてが楽しいです。ありがたいことです。もういつ死んでもいいくらい充実しています。

■【鉄びん通信11】 09.12月号~タップリと収穫ありでぃ!_c0209555_1171057.jpg▼【劇団SHOW~3/25(木)さいたま芸術劇場で公演決定!】
奇しくも天末線と同じ鉄びん26号/作「今日もいい天気」上演が決定。
残念ながら平日です。(もうそこしかあいてまへん。)
劇団4公演目でもう勝負かけます。遠いいですが是非見に来て下さい。チケットは私までメールで申し込んで下さい。
【日時】2010年3月25日(木)
【場所】さいたま芸術劇場・小ホール
【演目】鉄びん26号/作「今日もいい天気」
【時間】開場6:30  開演7:00


■■【6コのブログ】
一応再度私のブログを再録しておきます。暇なときはかいま見てクレヨン。
またアドレスが変わった場合は早めに変更メールを私に下さい。(名前だけは必ず入れてクレゾール) 
http://tetsubin1.exblog.jp/ 劇団天末線
http://tetsubin2.exblog.jp/ 劇団400(秩父農工OB450人の劇団)
http://tetsubin3.exblog.jp/ 劇団トラアナ(教師の劇団)
http://tetsubin4.exblog.jp/ 劇団SHOW(尚美学園大学演劇専攻生の劇団)
http://tetsubin5.exblog.jp/ 若林医院(若林の劇団活動以外の活動)
http://tetsubin6.exblog.jp/ 鉄びん通信(秩父農工OBに向けて)

# by tetsubin6 | 2009-12-18 10:36
2009年 10月 06日

■【鉄びん通信10】 09.10月号 秩父農工中央大会へ。

●OBのみなさん、元気でやってますかぁ~!急に秋がやってきました。「新型インフル」のやつらにとってはこれからが本番でっせ。体大事に、早めに疲れ取って、はよ寝てや~。
現役も天末線も「新型」に負けず、いよいよこれからが本番でっせ~。

■【鉄びん通信10】 09.10月号 秩父農工中央大会へ。_c0209555_10423965.jpg■■【現役】
▼【地区突破】9/20サクラメイトでの地区大会、コイケユタカ/作「肌色メタル」。気持ちのいい、いい芝居でした。当然ながら中央大会出場決定です。拍手~!中央大会は11月21,22日、いつもの「さいたま芸術劇場」です。私も去年から中央大会の新聞社用の講評文を書くために、記者として大会参加します。なので、その報告はこの鉄びん通信11月号か12月月号でするつもりです。関東目指して頑張ってもらいたいもんですな。もともと力のあったコイケ先生ですが、今苦しみながらも(?)どんどん伸びておりやす。多分190㎝には届くでしょう。■【鉄びん通信10】 09.10月号 秩父農工中央大会へ。_c0209555_10445662.jpg

▼【公演案内】
①10/25(日)尾田蒔PTA公演、中学校公演
②11/7,8 農工祭(「肌色メタル」と別役さんの「帽子屋さんのお茶の会」です)

■■【天末線】【劇団400】

方針決まったよ。
▼①【自主合同】現役の第30回自主公演と天末線の第30回公演を合体させて今冬実施と決定。出し物は別役さんの「小さな家と五人の紳士」
-------天末線独自の公演をという意見もあったが、まあ、ここは30回記念どうしとしてやるしかないだろうと。また30回記念としては「小さな家」しかないだろう、と。


▼②【サクラメイト企画】それとは別に、サクラメイト自主公演企画に応募して、採用されたら(多分採用されると勝手に思ってんだけど)来年の6月あたりに公演することになりそうです。出し物は今検討中。なるべくオリジナルでと。応募は今月半ばです。■【鉄びん通信10】 09.10月号 秩父農工中央大会へ。_c0209555_10522268.jpg

▼【劇団400】まったく別に芝居を検討中です。台本案が決まったら、近々集まりをと考えています。動き出したら報告します。

▼【天末線芝居小屋】ぜひ、是非、ゼヒ、欲しい。
これが出来たら活動の質が一挙に変わると思う。
前回報告の線で検討中。私の仕事に空きがないので、なかなか進んでいないが、進ませる。
多分、OBのみんなに協力をお願いすることになると思います。次回報告まで・・・・。

■■ 【鉄びん近況】

▼【劇団SHOW/学園祭公演】
■【鉄びん通信10】 09.10月号 秩父農工中央大会へ。_c0209555_1047931.jpg
10月24日(土)、25日(日)
場所:尚美学園大学/川越キャンパス・映像スタジオ
両日とも  午前の部  開場/10:30  開演/11:00
      午後の部  開場/1:00  開演/1:30
出し物   別役 実/作「小さな家と五人の紳士」
学生達は毎日練習に励んでいます。まるで尚美の秩父農工演劇部版です。素人の学生もいるのですが、今どんどん伸びています。
まったくの偶然ですが、「小さな家と五人の紳士」は、劇団員全員を3チームに分けてキャストにして、能力アップのテキストとして選んだものです。これで力をつけて冬には川越の町で自主公演をと考えています。

▼【鉄びんのブログ開設】
以下の6つのブログがアップいたしやした。時々見て笑ってやっておくれ。
この「鉄びん通信」もそのまま一つのブログになってます。でもブログの方は写真入りです。ヤングの意見、聞かせてちょいなちょいな。
近々ホームページも開設することになっていて、そこにはもちろんこの6つのブログを入れるつもり。HPできたらまた連絡しやす。
■【鉄びん通信10】 09.10月号 秩父農工中央大会へ。_c0209555_10485479.jpg
-----------------------
■ブログのアドレス

http://tetsubin1.exblog.jp/ 劇団天末線

http://tetsubin2.exblog.jp/ 劇団400

http://tetsubin3.exblog.jp/ 劇団トラアナ

http://tetsubin4.exblog.jp/ 劇団SHOW

http://tetsubin5.exblog.jp/ 若林医院

http://tetsubin6.exblog.jp/ 鉄びん通信

# by tetsubin6 | 2009-10-06 10:52
2009年 09月 26日

■【鉄びん通信9】 09.9月号 (9/4)~秋の「実り」に向かって・・・。

■【鉄びん通信9】 09.9月号 (9/4)~秋の「実り」に向かって・・・。_c0209555_1930229.jpgみなはん、元気でっか~!
民主党が天下とりましたな~。これからやね~。
インフルエンザもこれからが本番でんな~。
私の周辺の演劇状況も、秋を迎えて実りの季節や。これからやで~。

■■【現役】

8/30夏休み公演。例によって暑い中、無事終了。たくさんのOBも駆けつけてくれました。
尚美の演劇専攻生や、草加東演劇部の人達も、遠くから参加。感謝、感謝。
▼小池先生の新作「肌色メタル」~小池色タップリで、練習日数が少ない割には、装置を含めて完成度バッチリ。地区は問題なく通過しそう。
地区大会はいつものサクラメイト。上演時間はトリで16:20~17:20。みなさん、是非見に行ってやって下さい。
▼別役実/作「帽子屋さんのお茶の会」~30分短縮バージョンだったけど、1年中心にしては充分見せられる芝居になっていた。衣装もよかった。可能性が一杯だったよ。
文化祭はきっともっといい芝居になっている、ってか、そうなってほしい期待、充分。

■■【天末線】【劇団400】

前回報告の「短編戯曲」はかなり魅力的で、それで決まりそうになったんだけど、現役の30回自主公演に天末線30回公演を重ねて合同でやるとなると、興行的にはアピールがイマイチという意見もあり、「短編戯曲」は天末線単独公演や劇団400用に使うとして、自主用にはやはり1時間ものをみつけようという流れになってきた。もしかしたら昔懐かしい台本になるかも・・・・。
13日にMiをします。方針が決まったら報告します。
したがって劇団400ももう少しウエイトです。

■■【OB-old】■【鉄びん通信9】 09.9月号 (9/4)~秋の「実り」に向かって・・・。_c0209555_19334415.jpg

若林以前のOBの方達が、今、なんと「SPOT No.O」を編集中です。OB-youngの私たちにとって、秩父農工演劇部のルーツは、長い間謎だらけでした。これがいまSPOT -O号として私たちの前に現れるのももうすぐです。
本の装丁はもちろん「真っ黒」。ははは、もう勝手に決めています。写真もタップリです。楽しみにしていて下さい。

■■【劇団SHOW】

A,B2チームの「小さな家と5人の紳士」は、2つともすでに通しが完成です。9/6よりいよいよ本格的な若林の直しが始まります。大学生がどんだけ伸びるか楽しみです。

■■【劇団トラアナ】(演劇部顧問15名で結成)
8/10,11に埼玉高校演劇部顧問の合宿研究会(講師・若林)が秩父農工で実施。そこをあえてトラアナNo10とさせてもらい、トラアナ参加者の本番もやらせてもらいました。
教員芝居としてはなかなかの出来でした。
昔、農工の演劇部の顧問をしていた理科の田中実先生も舞台を踏みました。
これで一応トラアナ前期が終わり、中央大会後の11月末から本格的にトラアナ後期が開始です。先生方の伸びも期待できそうです。
前期と後期の間の3ヶ月は「家庭訪問」と称して、私が各顧問の学校に行き実地演出指導をやる予定です。
ちなみに昨日は正智深谷高校、明後日は伊勢崎の清明高校、その翌日は前橋南高校を「家庭訪問」します。


■■【若林医院】■【鉄びん通信9】 09.9月号 (9/4)~秋の「実り」に向かって・・・。_c0209555_19342365.jpg

すでに知ってる人は知ってるんですが、「演劇専門医・若林医院」というのを1年前から始めました。特に高校演劇への恩返しという意味合いで、治療費タダで、希望を募って顧問や生徒のレベルアップのために、あちこち回っています。もちろん冗談半分本気全部です。
ですから上記の「4つの劇団」と「尚美の授業」以外の私の活動はすべてこの若林医院の活動と考えています。
例えば「家庭訪問」もその一つだし、「各種講演」や「ワークショップ」や「各大会の審査員」の仕事も若林医院のワークです。(ハハハ、俺の勝手や!)

■■【鉄びんホームページ】

私の娘のその道のプロの友達が「おじさんだったらただでやってやるよ」などとありがたくも言ってくれたので、ノってみました。
もうすぐUPします。上記のすべてがこのHPに入っています。写真もタップリです。この【鉄びん通信】も入っています。UPしたら連絡します。う~ん、どんなもんになるのか、まあ見てやって下せ~まし。

■【鉄びん通信9】 09.9月号 (9/4)~秋の「実り」に向かって・・・。_c0209555_19352370.jpg
■■【近況】

8月始め、全国大会(三重)の審査員をしてきました。
いやあ~、面白かった。「さすらい狂想曲」の作者、石山浩一郎さんや、俳優の三林京子(NHK連続テレビ小説の「だんだん」のおばあちゃん役)とも親しくお話をしました。
昔々全国目指して頑張っていた私が、全国の審査をやるなんて、不思議な感覚でおます。
11月には徳島に審査員で行ってきます。だいっ嫌いな飛行機で・・・・。
いやあ、自分で言うのも何なんだけど、こんな忙しい定年退職者はいないと思う。(おかげで8月号は出せずじまい、ゴメン)
でも仕事はすべて芝居関係。こんな幸せはないと思う。感謝、感謝。
実りの秋に向かって、少しだけガマンの時期でやんす・・・・。
みなさんくれぐれもお元気で。
お仕事頑張って下さい。

# by tetsubin6 | 2009-09-26 19:36
2009年 09月 26日

■【鉄びん通信8】 09.7月号 (7/27)~今後の展開について

■【鉄びん通信8】 09.7月号 (7/27)~今後の展開について_c0209555_19222449.jpg選挙でんな~。なんか天気も変な感じで落ち着きのないこの世でっせ。皆さん元気すかあ~。
5/30,31の公演。4劇団が入り交じっての、「コラボ、セッション、乗り打ち、大コント大会」が様々な可能性を残して終わりました。
その後、メチャクチャ忙しい毎日でした。おまけに明後日から全国大会(7/31~8/2三重の四日市)に行ってきます。あ、何を隠そう私は審査員です。大昔「さすらい狂想曲」とか「魔女鎮魂」とかやったOBは知ってるかな?その作者の「石山浩一郎」という人と一緒です。なんか感慨深いものがありますよ、ほんと。
現役の連中も25名程度、全国に来てくれます。おみやげ買ってくるよ、450個。(何を?)
ってなわけで、その後の展開を手短に報告します。

■■【現役】

▼小池先生の新作「肌色メタル」完成。練習に入りました。う~ん、期待できそう。
▼自主の芝居は、なんと、別役さんのあの「帽子屋さんのお茶の会」。う~ん、懐かしい。よだれが出そう。
とりあえず8/30が夏公演。見に来てチョ。
▼あ、そうそう最近新入部員、しかも男子が3人も入部。う~ん、いい知らせだ。

■■【天末線】■【鉄びん通信8】 09.7月号 (7/27)~今後の展開について_c0209555_19235326.jpg

▼2回ほどのMiを若林豪邸でやった結果、季刊「せりふの時代」VOL52で掲載の「短編戯曲の饗宴」(現役作家23人)から、いくつか選んでオムニバスでやろう、と言うことになった。いま千葉先輩を中心に何人かで選考に入っている。次回8/9のMiで発表になるかも。(あ、ついでなので天末線メンバーに連絡です。このMiは、あるネライがあって、農工でやることになりやした。2時からだったら合宿室が使えるらしいので、2時集合に変更しやす。だめでも視聴覚室は使えるとのこと。ただし時間厳守で。)
▼また、次回の現役自主と天末線公演は偶然にも同じ30回記念公演となる。なので前回に続いて合同になりそう。せっかく現役とOBとの関係が深まったところなので、さらにコミュニケーションにもう一山ほしいところ。タイムリーか?
▼しかし天末線としてはなるべく「現役に迷惑をかけずに、現役にいい影響を」をコンセプトにしているので、天末線独自の公演も射程距離に入れて活動したいし、また前公演、可能性バチバチで終わった劇団400のエネルギーを落としたくないので、それも考慮に入れて、今回のプロの短編戯曲(上演時間15~20分程度)選定と相成った次第でござる。

■■【劇団400】■【鉄びん通信8】 09.7月号 (7/27)~今後の展開について_c0209555_19244447.jpg

こうなると劇団400と天末線との境目がよく分からなくなってきそう。でもそんな心配はいらない。もともとコンセプトは同じなんだから。
「前回のメンバー」、「ならやってみようかという新メンバー」、もう少しお待ちあれい、鉄アレイ。
マネジメント若林の連絡を待っててチョ。

■■【劇団SHOW】

コントから一度離れて、一人一人の台詞の力をじっくりとつけたいので、いよいよ懐かしい「小さな家と5人の紳士」の練習をA,B2チームにわかれて、開始した。
すでに7/21にA,Bともに1本通しをやり遂げた。8月少し夏休みして、主に9月本格的な「鍛え」に突入する予定。
劇団の練習場もできる見通しが出てきた。■【鉄びん通信8】 09.7月号 (7/27)~今後の展開について_c0209555_19252731.jpg

■■【劇団トラアナ】

埼玉の高校演劇部の顧問のレベルアップのために4月に立ち上げたもの。土曜日尚美で練習している。8/10,11、なぜか農工で本番。
懐かしい先生もいるかも。見たい人は私までご一報を・・・・。

■■【鉄びん近況】
■【鉄びん通信8】 09.7月号 (7/27)~今後の展開について_c0209555_19265099.jpgもうすぐ私のホームページが出来上がる。上記のすべてが入ってる。もう少し待ってチョ。

ってな訳で脳が干上がるほど忙しい毎日です。
いろいろ報告したいこと山ほどあるのですが、今回はこれにて。
みんな、体を大切に、日々の労働と生活頑張って下さい。
ほんでは、四日市、行ってきま~スィ。

# by tetsubin6 | 2009-09-26 19:27
2009年 09月 26日

■【鉄びん通信7】 09.6月号 (6/26)~5/31公演「お~ぷん」の報告と今後の展開

■【鉄びん通信7】 09.6月号 (6/26)~5/31公演「お~ぷん」の報告と今後の展開_c0209555_1912368.jpg●OBの皆さん、芝居好きの皆の衆、元気っすかあ~。5/30,31の公演、やったっすよ。4劇団が入り交じっての、「コラボ、セッション、乗り打ち、大コント大会」面白かったっすよ~。
●農工現役、農工OB(今昔、遠方問わず)、尚美の大学生が清心館の2,3階で、ゴチャゴチャに入り交じっての2日間は観客も今までの最大170人。最上級のお祭りだった。
人間って、普段の生活の繰り返しで抑圧された無意識(本来の自分)を、旅行とかお祭りとかで少しづつ開放させてやらないと心と体がだんだん錆び付いてくる。だからいろんな人々とのコミュニケーションがとれる「お祭り」は欠かせない人間の営みなんだけど、演劇はそのエッセンスを損なわない形でかなり簡単に実現できる上質の「お祭り」っすね、ホント。
●今、4団体の「公演レポート」が現役によってかなり分厚い「本」になりつつあります。(希望者には配布しますよ。)その中からほんの一部を紹介しておきます。携帯だと長いかも。ゴメン。なので「今後の展開」は次回の通信で・・・。

■■【「お~ぷん」レポート】■【鉄びん通信7】 09.6月号 (6/26)~5/31公演「お~ぷん」の報告と今後の展開_c0209555_19125190.jpg

■尚美/小関愛美

セッションは本番よりも楽しかった。アドリブがどんどん飛び交って、頭のいつもと違う部分がフル回転した。人のアイデア(アドリブ)を認めて、それを受けとって更に面白いアイデアを生んでいく、という循環が、見ていても演じていても本当に楽しかった。逃げたり閉じたりしなければ無限のアイデアが出てくるのかも、と感じた。公演が終わって、演劇は年齢なども関係なく色んな人達と関わり合える本当に凄いものなんだと気付くことが出来た。2ヶ月間尚美で演劇をしてきて、幸せでした。軽々しく使ってはいけない言葉だと思うけど、若林先生とSHOWの人達と演劇が出来て本当に幸運だと思っています。自分の高校の後輩にもこんなに楽しい世界なんだって教えてあげたいです。

■尚美/トミダマサヨシ

正直、こんなに楽しかったのは人生初かもしれない。それくらい濃密だった。全ての団体を知っているのは若林先生と自分だけだったこともあり、本当においしい思いをさせてもらった。いやあ、おいしかった。何より現役や天末線とごちゃ混ぜになって芝居やったり話している姿を見て、とても感動した。芝居の快楽を垣間見た、そんな気分だ。 角度のある関係の模範的なものが感じ取れた。帰り際寂しくて泣き出しそうな現役もいた。それを見た私は感動した。これは内緒の話だが……。
とにかくこの実験は大成功だった。どの団体にも必ずプラスに働くだろうし、これを通じてマイナス面も明確に把握できたと思う。あのエネルギーは凄まじかった。1団体だけだったならばあんなエネルギーは出せないだろう。本当に興奮が覚めやらない。

■尚美/小倉■【鉄びん通信7】 09.6月号 (6/26)~5/31公演「お~ぷん」の報告と今後の展開_c0209555_191340100.jpg

場所や環境が違っても集中するものが同じならば、自然とまとまり合えるんだなと思いました。これが角度のある関係、挨拶の力なんだ、と改めて感じました。
30日の夜に発表されたセッションの組み合わせは、初対面のはずなのに、演出も微妙に違うのに、溶け込んでいてびっくりしました。角度のある関係って凄いです。演技している全員の顔がずっと輝いてました。

■尚美/濱田美登里

2日目の本番前の練習では3つの劇団が一緒に練習をした。これは本当に凄いことだと思う。初めて会う人たちばかりで年令も随分と差があったのに、この打ち解け方は半端ないと思った。

■尚美/まゆか

2日間本当にとても楽しかった。これはSHOWの皆が同じ気持ちだったと思う。
時間の経過も疲れることも忘れて好きなことやって、わくわくしっ放しで、ある種幼少時代に戻ったような感じがした。
「1度芝居を一緒に創った人とは次会った時にどんなに時間が経っていても、気兼ねしたり気まずくなったりせず昔の様に話すことができる」というのを高校時代に小池先生が言っていたが、一緒に芝居を創っていなくても「芝居が好き」という共通点さえあればすぐに仲良くなれるんだなと実感した。

■井上祐介(秩父農工2年/音響)■【鉄びん通信7】 09.6月号 (6/26)~5/31公演「お~ぷん」の報告と今後の展開_c0209555_19145452.jpg

この春季は今までにない達成感を得られました。
4つの団体で公演をすると聞いてからどんなことになるのかとわくわくしていましたが、まさかこれほど楽しいものとは思わず自分でもびっくりしていました。
初めて忙しさを心の底から楽しむということができたと思います。
ぜひ来年も今回のようにいろいろなコラボがある公演がしたいと思いました。

■橋本奈美(秩父農工演劇部/部長)

一晩たってもまだどっかワクワクしてて、すごいことやっちゃったんだなぁ~って感じです。コラボは、も~なんていうか、見ててめっちゃワクワクしましたっ。みんなの気持ちがちゃんと芝居に向いてる空間って、こんなに心地良いものなんだなぁって密かに感動してました。現役だけじゃなかなか味わえない雰囲気で、これだけで今回の春季、合同でやって良かった!って思いました。

■青葉しおん(秩父農工演劇部/コント参加)

研究公演といえばやっぱり夜の練習が一番楽しかったです。
眠いんだけど、みんなちゃんと芝居には集中してて、妙にテンションが高くて、アドリブとかバンバンでて、時間を気にしなくていい感じがなんともいえませんでした。本当に泊まってよかったと思いました。
ナオさんと本橋さんのコラボなんか一生に一回しか見られないくらいレアなコントで、2人ともいい意味ですっごいテキトーにやってて、観てる方もやってる方も絶対楽しんでたと思います。今回の企画は自主公演以上なんじゃないかというくらい大規模な企画で、『今回だけじゃ勿体ないな、またやりたい』とも思いました。

■金子(伊古田)祐子(劇団400「バス停」)

私は、ずっと芝居をやりたいと心のどこかで思っていました。
でも、秩父から離れ、子供も生まれ、やりたいけどできないなぁ、と思っていました。そんな時、【劇団400】ができ、声をかけてもらい本当に良かったです。
なかなか逸也先輩と予定が合わなくて練習できなかったり、家の事情で大変だったり、色々ありました。でも、そんな私達が舞台に立てました。
それは、やっぱり若林先生や小池先生、現役、そしてやっぱり劇団天末線の助けがあったからです。助けてもらったなぁ、という気持ちと、昔の仲間それから新しい仲間、演劇でつながっている仲間はあったかいなぁ、とつくづく感じました。ちょっと遠くにいても、子供がいても、色々事情があっても、気持ちさえあれば芝居は出来るんだなぁと思いました。
練習に行く事で日々の生活の息抜きが出来て、張りのある生活ができた様に思います。それから、コラボ!いいですね、楽しそう!見ているだけで、こっちまでテンションが上がりました。小3の下の子、ミスズが「ママ、群馬県に演劇部はないの?」なんて聞いてきました。ママがママ以外で頑張る所を見せるのも、すごくイイ事ですね。

■矢島穂波 (劇団400「源泉」)

本当にふらっと行って帰って来る感覚で練習が出来た事は、いい経験になりました。個人的には、最初2ヶ月は短いと感じていましたが、短期集中する今回のような場合は最終的には丁度よかったような気がします。今後、先生の手直しによってどの様に変わっていけるか楽しみです。
私達の他にも「400」でなら関わりたいと思っている人もいると思います。今回の実験が次につないで行けたならいいな、と思う今日この頃です。

■江田絹代(劇団400「源泉」)■【鉄びん通信7】 09.6月号 (6/26)~5/31公演「お~ぷん」の報告と今後の展開_c0209555_1916441.jpg

今回『劇団400』として参加させていただき、一番に思うのは「やってよかった!!」その一言に尽きますね。自分が芝居に係るのは高校卒業以来十数年ぶりで、今回お話を引き受ける前は、芝居はやりたいけど時間的にムリだよな……と、いつも諦めていました。しかし、「乗り打ち」をコンセプトとする『劇団400』は、ヒマがないけど芝居はやりたいというわがままを見事に叶えるとてもよい方法だと思いました。出来るかなと不安に思っていたものが、実際に出来たのですから!!
実質3時間位の練習を4回と、リハと本番の日に通し数回で本番に臨んだわけですね。正味2ヶ月の短い期間でエネルギーを集中してできたので、生活や仕事の負担にならず、非日常を味わいながら楽しくできたと思います。
ぜひまたチャンスがあればやりたいなと思っています。やりたいけど自信がないと思っている多くのOBに「やってよかった!!」と今後触れ回って行きたいと思います。私すっかりまたやる気になってますね(笑)。

■石井美和/ジャッキー(劇団400「源泉」)

台詞覚えはもちろん、集中してシャドーをする事にもなかなか慣れなくて、やっとこさ「あぁ、こんなだったわ。」なんて思えたのは、最後の一週間位でした。
最後の方はやっててすごく楽しかったんですケド、思い出して来たら終わっちゃってた感じがすごくしていて、だからこそ、またやりたい。
次はもう少し肩の力を抜いて楽しめそうです。吐きそうな程緊張したけど、楽しかったなぁ。またやりたいです。

■新井逸也(劇団400「バス停のある風景」男1)

しかし、こんなむちゃが出来てしまうと言うことは、役者が相当アホなのか、よっぽど芝居に対する懐が深いのかのどちらかしかが考えられない!
それにしても、役者は本当に楽しそうでうらやましかったなぁ!
劇団400も、今後持ちネタならぬ持ち舞台ふやして、小学生が公園で戦隊ごっこやるように「じゃぁ、おれ今日、男1やるから、おまえは女1やれよ!男2はおまえなぁ」みたいな感じでやれたら楽しいだろうなぁ・・・。なんて思ってしまった。

■【鉄びん通信7】 09.6月号 (6/26)~5/31公演「お~ぷん」の報告と今後の展開_c0209555_19172082.jpg■福島亜紀(天末線/グリーン役)

今回4団体コラボは最高でした、人との繋がりを全身で感じられました。若林先生より年上のOBの方々の話を聞いて演劇部の歴史を感じられました。あの人達がいたから、自分たちがいられる…
なんか繋がりを感じられて、感動して泣きそうになりました。

■千葉 克文(天末線)

劇団400の稽古には、それほど、参加できなかったが、「バス停」には半日つきあえた。役者二人と、タバちゃんの三人での稽古の予定の日だったが、都合がついて、行ってみると、他にも稽古を見に駆けつけてる人がいて、このつながり、いいなぁなんて感じた。役者も二十年ぶりぐらいに、科白いれて舞台に立とうとしている。もう一週間前なのに、通しすら出来ていないが、楽しんで、がむしゃらにやっている。こんなの見ると、応援したくなるし、テンションもあがる。

今回の公演で、見えてきたものがあると思う。その一つに、劇団400が行った、稽古を最小限にして、本番にのぞむ。これは、役者としては、結構不安で、いたたまれない気持ちになるだろうが、今回の源泉およびバス停も稽古時間はほんとに少なかったと思うが、それでも一番いいできの芝居をしたと思う。これによって、芝居作りに参加出来る人が非常に増えたと思う。
最後のミィーティングにかなり古いOBの先輩達が出席してくれた(個人的には、今回このOBの方々が見にきてくれて、ミーティングに参加してくれたことが、一番うれしかった。)が、先輩達がもし芝居やってみたいとなれば、可能性があるし、天末線もその中に入り乱れて、一緒に芝居を作ることもできるとおもう。

# by tetsubin6 | 2009-09-26 19:17